投稿日:

Tannからワイン街道北上。オーケーニグスブール城 Haut-Koenigsbourg リボヴィレ Ribeauvilléまで

いつものドライブに出かけたところ、地元のガソリンスタンドで、バックパッカーに出会った。

頼まれると無下に断れない。南フランスに行くという。基本的にできるだけ人に良い事をしたい。

バックパッカーにより、ルートが変わってTannからワイン街道へ

彼らはマルセイユへ行くので、ミュールーズでお別れのはずだったが、途中で降ろす所がなく(!)
高速の料金所の直前出口で降り、彼らを降ろして、一番近いTannから巡ることにした。

途中、デメターのワイナリーへ グランクリュ

良いワイナリーと出会いました。

あんまり愛想はないんだけれど、創業者のおじいさんが直接接客してくれて、試飲ながらお話を色々お聞きしました。なんと1969年からワイン造り、その前にはバイオダイナミック研修をされたようです。今から50年前の話。

ワイン、美味しいです。リースリング>リースリングGC(グランクリュ)、ピノグリ>ピノグリGC、と試飲が進んでいくので、わかりやすく、他にも色々頂きました。全部デメターなのが凄い。野菜作りとは違った印象を受けます。

野菜作りは「農民」のイメージで、何を作ろうが自由の所がありますが、ワインは「専門業者」の感があります。
ワインの一本勝負ですから当然ですね。ちょっと素敵です。

ワイン街道を北上

Isenheim、ゲブヴィル、Berheim、Orschwir、Soultzmatt、Westhalten、Rouffach、Pfaffenheim、など。

最終的にリボヴィルへ入る。タルトフランベなどを食べて、オーケーニグスブール城へ。

オーケーニグスブール城

車で来る以外に無いような立地ですよね^^;入場料は9€。オーディオガイドが4.5€。
それにしても英語やフランス語のガイドさんが目立つ。近くの都市から来るのだろうか。
周るのに1時間半位かかるが、ゆっくりな人は2時間かかる。それが問題。

「観光地の価値」を見極めるのはなかなか難しい所ですが、アルザス的に言うと時間が余れば寄る所であり、2時間近くも必要とするのでマストとは言い難いです。もうちょっと何らかの要素があれば良い所にはなりそうですが。。

投稿日:

新酒が美味い!アルザスとドイツのワイン祭り、ブドウ収穫祭、秋祭りイベントの調べ方

ドイツ側も、アルザスも、夏から秋にかけて、ワインフェストが目白押し。(トップ画像はエギサイム)

本格的にぶどう収穫祭と新酒祭りが9月-10月に行われます。(実際に住んでいると分かりますが、畑をよーく見ていると、積んでいるのは8月頃が多いと思います。)例えば直近のものを見てみると:

エギスハイム 29-30/09/2018, saturday : 13:30 – 18:00, sunday : 11:00 – 18:00に第一週ワイン祭り
エギスハイム 06-07/10/2018, saturday : 13:30 – 18:00, sunday : 11:00 – 18:00に第二週ワイン祭り

Barrでは10月5・6・7日(Fri 8pm, Sat 8am, Sun 10.30am)にブドウ収穫祭。

Obermorschwihrでは06/10/2018, saturday : 18:30 – に夕食で、ワインの会。

Turckheimでは9月30日(Sun)11am-6pmにコンサートなど

イベントの調べ方

コルマールやフライブルクの大きなワイン祭りは毎年7-8月頃行われ、それは新酒を祝うためのものではありません。

秋の祭りはローカルな村単位で行われる小さなものばかり。各地で行われるため有名にはなりにくいです。

日本の観光客には調べにくい内容。でもちゃんと調べる方法があります。

https://www.tourisme-eguisheim-rouffach.com/En/To-Do/Events.html

ワインフェスト、ワインとコンサート、ワインの会(Soirée Vin Nouveau)、チーズとワインのマッチング、毎年のワイン女王の選出、フリーマーケットも同時開催などなど。

さっと見るだけでも面白そうな内容です。

 

今週はTurckheimを調査。新酒、美味い!

コルマールから10分。

Turkheimの旧市街はこの門から入る。一応車でも通り抜けられるけど、駐車場から歩くといい。

ここで前述のようにコンサート=民族音楽バンドと新酒の振る舞い(1杯2€)が行われた。他にも色々メニューあり、ポテトやタルトフランベTarte flambée(アルザス風ピザ)。

とにかく、新酒が美味い。まるで生ジュース。

ちなみにエギスハイムにチラっと寄ったけど、町の入り口に臨時駐車場ができていた。今回はレアなTurkheimの祭りを優先してみたのだった。Turkheimでもスイスやドイツナンバーは沢山いた。

投稿日:

アルザスワイン街道 と フランスで一番美しい村々【ストラスブール、コルマール、エギスハイム、カイザーベルク、リクヴィル、ユナヴィル、リボヴィル、バール、オベルネ】

アルザス地方のコルマールの近くに、ほぼ毎週ドライブに行きます。今日も調査

今日の午前中に見た、虹のかかったアルザスの村々は、この世ではなく、別世界

今日はコルマールからリクヴィルの間の丘の上に来ました。この丘には日本人はおそらく来たことがありません。(コルマールには日本人が少数しか住んでいません)

フランスで一番美しい村々』は、コルマールをはじめ、エギスハイム、カイザーベルク、リクヴィル、ユナヴィル、リボヴィル、バール、オベルネなど、飽きが来ないです。

アルザスワイン街道』とほぼ重なっているこれらの村は、ワインでも有名ですが、何よりもとにかく可愛い

近年、人気が上昇中のようです。

しかも交通手段が発達しておらず、効率よく廻るには、個人ではレンタカーかタクシーなどを使うしかありません。タクシーは特別高いし、レンタカーもかなり注意が必要です。

頻繁に運転していると気がつくことですが、今日もナビとは違った標識があって、「一方通行」が今年はどんどん追加されているようです。つまり観光地として、整備され始めているということです。

”フランスで一番美しい村”

『フランスで一番美しい村』と言うと、普段案内する私の側から言うと、「そんなにハードル上げちゃっていいの!?」と正直思います。

案内するお客様がガッカリしたり、過度な期待があると、私の方が何だか罪悪感が芽生えるというもの。

でもですねw 、、、、それが違うのです。

いわゆる1つの村でも、見ると、「明らかにカワイイ」のですが、それでも「一番美しい村だって!?」過剰宣伝じゃないの・・・と思われても仕方がない表現です。

それが違うのです。アルザスの村の引き出しは多い、のです。

いくつかの村を廻ると、それを実感することでしょう。

可愛いすぎて脳内を突き抜ける

「マジで可愛い!」と衝撃を受けるほど、可愛いものがあるのです。それは個人個人によって違うと思います。でもドライブをしていると、「マジで!?」と叫んでしまうほど、可愛い建物があるんですよ。

よくハーフは可愛いと世間では言います。これと同じようなことを想起させ、「ドイツ」のセンスと「フランス」のセンス溶け合ったアルザス』を垣間見るのです。

今日は丘の上で風が強かったですが、気持ち良いドライブ日和でした。でも高速は100km出せないほど横風が強く、かなりレアな体験をしました。朝は虹が出ていましたが、それはつまり局地的に雨が当たっているという意味になります。(虹は雨のあるところにしか出現しません) どうやら涼しくなってきて、今日、この地方に「秋一番」が吹いたようです。明日からの予報ではもっと気温が低下し、紅葉の季節に入るようです。

この地方の周遊はお任せあれ

いつでもこの地方の周遊を承っております。ストラスブール、コルマール、ミュルーズ、バーゼルの周遊は当方までご連絡下さい。1日の案内を25,000円程度で行っております。

今日思いましたのは、残念ながら私は山登りの職業専門家「アルピニスト」にはなれなくても、アルザスに日本人で一番詳しいアルザシスト」にはなれるような気がしました。毎週アルザスを詳しく探訪すれば、地味な努力ですが、それができる気がします。

私はワインにも大きな縁があって、イタリアワインをイタリアで試飲販売していたことがありますし、近年はボトル200ユーロのような高級ワインですら、何本も私の手元に回ってくる幸運があります。某高級ワインの関係者が私に試飲してもらいたくて、持ってきてくれるのです。(何と有難い!!) ワインの話はまた今度しましょう。

そうそうオディーリエンベルクの話を忘れていました。仏語でモンサンディールと言いますが、ここは奇跡の水でも有名です。むしろ「フランスで一番美しい村関連」よりもおススメする場所です。オベルネの町は「聖オディーリエ」の出生地であり、その脇にオディーリエンベルクがあります。オークニスブール城よりもおススメなオディーリエンベルクは何かというと、このアルザス地方の聖人オディーリエが開いた修道院なのです。(もう一度言います、このアルザスの谷の全ての、公式な守護聖人はオディーリエです。)

かつてはオディーリエの父がこの山に城を築いていました。その娘の盲目オディーリエがキリスト教の奇跡によって目が見えるようになり、父を凌ぐほど影響力を持つようになり、ついに父の城を取り壊し(おそらく改築し)、ここにキリスト教の一大布教地を築いたのです。ただ話がまた長くなるので、また今度・・・^^

 

投稿日:

専用車でドイツ・スイス・イタリア・フランス周遊

今回は観光専用車のご紹介。

普通は9人乗りで座席が狭い。。私のは同じ大きさで人数が少ない『7人乗り』。広いです^^

この発想は、車内・移動中に、快適な旅をして頂こうと思ってのことで、VIP対応したいからです。

テーブルもありますので、お菓子やカフェ・ワインを頂きながら、次の観光地に向かうって、良くありませんか?

単に移動するだけでなく、移動中も楽しんだり、何かをすることで、旅行を面白く・優雅にしましょう^^