投稿日:

フランクフルト発「2000km弾丸ツアー」内容が凄い!たった2日間!

ドイツを2日間で2000km走行してきました。恐ろしいことです。

しかもかなり充実した内容。。ビックリです。ご紹介いたします。。

ニュルベルクリンクでレース体験を

車に関心のある方なら、一度は聞いたことがある「ニュルベルクリンク」というテスト走行用のいわゆるサーキット場。日本の車雑誌でも常に出てきますし、新車(開発車両)がこのサーキット場で激写される事もしばしば。このドイツのサーキット場、普通の人も走れるんです♪

ドイツ観光の最近のトレンドと言って良いでしょう。まだ知る人ぞ知る感が満載。

ただし行くのに難儀します。電車はまず無理。現地の行動の仕方も初めてだと良くわからないです。レンタカーもドイツ観光素人にはおススメできないです。

レンタカーで行くとしても、どの観光地を含めるか、わからない事だらけな筈。

しかもサーキット走行がメインなため、観光に集中しないほうが賢明です。

<書きかけです>

ドイツを縦横無尽にご周遊♪ とんでもない結果に^^

上記のサーキットの日は、他に観光地を凄く効率の良い回り方をしたのですが、ここでは㊙とさせて頂きます。その回り方だけでも非常に優秀です。

あとは定番ハイデルベルクを廻らせて頂きました。夜景も押さえました♪
レストランも満足して頂き、上々です♪

問題はその後、『ノイシュヴァンシュタイン城』をご希望頂きました^^;

それだけならまだしも。。。。

お車好きなので、シュツットガルトの『ベンツ博物館』をご提案させて頂きましたが、『両方行きたい』とのこと!!!!!   え!?  普通は無理。。。。

しかし両方を行って、しかも最後は「ローテンブルク」まで寄って(!)、

フランクフルトでお別れしました。それでもほぼ時間通り。

その2日間で、走行距離2000km。恐ろしい弾丸計画なのですが、お客様は後部座席、テーブルで特別の「ワイン」をご堪能頂き、気持ち良さそうです^^

そのワインは日本では飲めません。ただのワインではなく、ドイツに来ないと飲めないワインなのです。しかも当方しかそういうサービスはしていないのです。。

お客様がたまたまお酒に詳しい方だったので、その価値が分かって頂けました。
そういうお酒を普通の人に出しても、「美味しい」と言って後部座席でビンを離さないだけで、真の価値というのはあんまり理解して頂けないのですが^^;

実はこのサービスは考えさせられるものがあって、価値のわからない人に素晴らしいものを提供しても「あまり喜んで頂けない」というジレンマが発生するのです。事前にこれはこうこうだから素晴らしいのです、と言ってあげないと、全然価値を認識できず、ぶーん、みたいな事が頻繁に起こるのが観光という分野。

だからこそ観光ガイドブックがあるのですが、それに依存してしまうのもまた別の問題。

なんと! 雪が降る。  これには驚きました。

ドイツの気候は、場所により、季節により、ガラっと変わることがありますが、さすがに夏タイヤで雪が降られると、「中止」の文字が浮かびます。お客様の判断をいつも最大限に尊重するため、「安全や常識」を少し超える事が求められる事があります。

今回も雪の中、走る事を続行し、心の中は本当にどうなることやら気が気じゃありません。でもお客様自身がノイシュヴァンシュタインはネット天候予報だと、ここよりも若干天候が回復している、という事を調べられて、当方は安全を優先したいのですが、お客様の御意志を尊重。

結果としては問題なくノイシュヴァンシュタイン城など、最後まで周遊できました。何が起こるかわからないこともあるものです。

さて、今回は盛り沢山な内容となりました。2000kmも凄いですが、㊙観光地にもあと2つ回ったので、内容もまた濃いものになったと思います。ありがとうございました。

投稿日:

Tannからワイン街道北上。オーケーニグスブール城 Haut-Koenigsbourg リボヴィレ Ribeauvilléまで

いつものドライブに出かけたところ、地元のガソリンスタンドで、バックパッカーに出会った。

頼まれると無下に断れない。南フランスに行くという。基本的にできるだけ人に良い事をしたい。

バックパッカーにより、ルートが変わってTannからワイン街道へ

彼らはマルセイユへ行くので、ミュールーズでお別れのはずだったが、途中で降ろす所がなく(!)
高速の料金所の直前出口で降り、彼らを降ろして、一番近いTannから巡ることにした。

途中、デメターのワイナリーへ グランクリュ

良いワイナリーと出会いました。

あんまり愛想はないんだけれど、創業者のおじいさんが直接接客してくれて、試飲ながらお話を色々お聞きしました。なんと1969年からワイン造り、その前にはバイオダイナミック研修をされたようです。今から50年前の話。

ワイン、美味しいです。リースリング>リースリングGC(グランクリュ)、ピノグリ>ピノグリGC、と試飲が進んでいくので、わかりやすく、他にも色々頂きました。全部デメターなのが凄い。野菜作りとは違った印象を受けます。

野菜作りは「農民」のイメージで、何を作ろうが自由の所がありますが、ワインは「専門業者」の感があります。
ワインの一本勝負ですから当然ですね。ちょっと素敵です。

ワイン街道を北上

Isenheim、ゲブヴィル、Berheim、Orschwir、Soultzmatt、Westhalten、Rouffach、Pfaffenheim、など。

最終的にリボヴィルへ入る。タルトフランベなどを食べて、オーケーニグスブール城へ。

オーケーニグスブール城

車で来る以外に無いような立地ですよね^^;入場料は9€。オーディオガイドが4.5€。
それにしても英語やフランス語のガイドさんが目立つ。近くの都市から来るのだろうか。
周るのに1時間半位かかるが、ゆっくりな人は2時間かかる。それが問題。

「観光地の価値」を見極めるのはなかなか難しい所ですが、アルザス的に言うと時間が余れば寄る所であり、2時間近くも必要とするのでマストとは言い難いです。もうちょっと何らかの要素があれば良い所にはなりそうですが。。

投稿日:

新酒が美味い!アルザスとドイツのワイン祭り、ブドウ収穫祭、秋祭りイベントの調べ方

ドイツ側も、アルザスも、夏から秋にかけて、ワインフェストが目白押し。(トップ画像はエギサイム)

本格的にぶどう収穫祭と新酒祭りが9月-10月に行われます。(実際に住んでいると分かりますが、畑をよーく見ていると、積んでいるのは8月頃が多いと思います。)例えば直近のものを見てみると:

エギスハイム 29-30/09/2018, saturday : 13:30 – 18:00, sunday : 11:00 – 18:00に第一週ワイン祭り
エギスハイム 06-07/10/2018, saturday : 13:30 – 18:00, sunday : 11:00 – 18:00に第二週ワイン祭り

Barrでは10月5・6・7日(Fri 8pm, Sat 8am, Sun 10.30am)にブドウ収穫祭。

Obermorschwihrでは06/10/2018, saturday : 18:30 – に夕食で、ワインの会。

Turckheimでは9月30日(Sun)11am-6pmにコンサートなど

イベントの調べ方

コルマールやフライブルクの大きなワイン祭りは毎年7-8月頃行われ、それは新酒を祝うためのものではありません。

秋の祭りはローカルな村単位で行われる小さなものばかり。各地で行われるため有名にはなりにくいです。

日本の観光客には調べにくい内容。でもちゃんと調べる方法があります。

https://www.tourisme-eguisheim-rouffach.com/En/To-Do/Events.html

ワインフェスト、ワインとコンサート、ワインの会(Soirée Vin Nouveau)、チーズとワインのマッチング、毎年のワイン女王の選出、フリーマーケットも同時開催などなど。

さっと見るだけでも面白そうな内容です。

 

今週はTurckheimを調査。新酒、美味い!

コルマールから10分。

Turkheimの旧市街はこの門から入る。一応車でも通り抜けられるけど、駐車場から歩くといい。

ここで前述のようにコンサート=民族音楽バンドと新酒の振る舞い(1杯2€)が行われた。他にも色々メニューあり、ポテトやタルトフランベTarte flambée(アルザス風ピザ)。

とにかく、新酒が美味い。まるで生ジュース。

ちなみにエギスハイムにチラっと寄ったけど、町の入り口に臨時駐車場ができていた。今回はレアなTurkheimの祭りを優先してみたのだった。Turkheimでもスイスやドイツナンバーは沢山いた。

投稿日:

アルザスワイン街道 と フランスで一番美しい村々【ストラスブール、コルマール、エギスハイム、カイザーベルク、リクヴィル、ユナヴィル、リボヴィル、バール、オベルネ】

アルザス地方のコルマールの近くに、ほぼ毎週ドライブに行きます。今日も調査

今日の午前中に見た、虹のかかったアルザスの村々は、この世ではなく、別世界

今日はコルマールからリクヴィルの間の丘の上に来ました。この丘には日本人はおそらく来たことがありません。(コルマールには日本人が少数しか住んでいません)

フランスで一番美しい村々』は、コルマールをはじめ、エギスハイム、カイザーベルク、リクヴィル、ユナヴィル、リボヴィル、バール、オベルネなど、飽きが来ないです。

アルザスワイン街道』とほぼ重なっているこれらの村は、ワインでも有名ですが、何よりもとにかく可愛い

近年、人気が上昇中のようです。

しかも交通手段が発達しておらず、効率よく廻るには、個人ではレンタカーかタクシーなどを使うしかありません。タクシーは特別高いし、レンタカーもかなり注意が必要です。

頻繁に運転していると気がつくことですが、今日もナビとは違った標識があって、「一方通行」が今年はどんどん追加されているようです。つまり観光地として、整備され始めているということです。

”フランスで一番美しい村”

『フランスで一番美しい村』と言うと、普段案内する私の側から言うと、「そんなにハードル上げちゃっていいの!?」と正直思います。

案内するお客様がガッカリしたり、過度な期待があると、私の方が何だか罪悪感が芽生えるというもの。

でもですねw 、、、、それが違うのです。

いわゆる1つの村でも、見ると、「明らかにカワイイ」のですが、それでも「一番美しい村だって!?」過剰宣伝じゃないの・・・と思われても仕方がない表現です。

それが違うのです。アルザスの村の引き出しは多い、のです。

いくつかの村を廻ると、それを実感することでしょう。

可愛いすぎて脳内を突き抜ける

「マジで可愛い!」と衝撃を受けるほど、可愛いものがあるのです。それは個人個人によって違うと思います。でもドライブをしていると、「マジで!?」と叫んでしまうほど、可愛い建物があるんですよ。

よくハーフは可愛いと世間では言います。これと同じようなことを想起させ、「ドイツ」のセンスと「フランス」のセンス溶け合ったアルザス』を垣間見るのです。

今日は丘の上で風が強かったですが、気持ち良いドライブ日和でした。でも高速は100km出せないほど横風が強く、かなりレアな体験をしました。朝は虹が出ていましたが、それはつまり局地的に雨が当たっているという意味になります。(虹は雨のあるところにしか出現しません) どうやら涼しくなってきて、今日、この地方に「秋一番」が吹いたようです。明日からの予報ではもっと気温が低下し、紅葉の季節に入るようです。

この地方の周遊はお任せあれ

いつでもこの地方の周遊を承っております。ストラスブール、コルマール、ミュルーズ、バーゼルの周遊は当方までご連絡下さい。1日の案内を25,000円程度で行っております。

今日思いましたのは、残念ながら私は山登りの職業専門家「アルピニスト」にはなれなくても、アルザスに日本人で一番詳しいアルザシスト」にはなれるような気がしました。毎週アルザスを詳しく探訪すれば、地味な努力ですが、それができる気がします。

私はワインにも大きな縁があって、イタリアワインをイタリアで試飲販売していたことがありますし、近年はボトル200ユーロのような高級ワインですら、何本も私の手元に回ってくる幸運があります。某高級ワインの関係者が私に試飲してもらいたくて、持ってきてくれるのです。(何と有難い!!) ワインの話はまた今度しましょう。

そうそうオディーリエンベルクの話を忘れていました。仏語でモンサンディールと言いますが、ここは奇跡の水でも有名です。むしろ「フランスで一番美しい村関連」よりもおススメする場所です。オベルネの町は「聖オディーリエ」の出生地であり、その脇にオディーリエンベルクがあります。オークニスブール城よりもおススメなオディーリエンベルクは何かというと、このアルザス地方の聖人オディーリエが開いた修道院なのです。(もう一度言います、このアルザスの谷の全ての、公式な守護聖人はオディーリエです。)

かつてはオディーリエの父がこの山に城を築いていました。その娘の盲目オディーリエがキリスト教の奇跡によって目が見えるようになり、父を凌ぐほど影響力を持つようになり、ついに父の城を取り壊し(おそらく改築し)、ここにキリスト教の一大布教地を築いたのです。ただ話がまた長くなるので、また今度・・・^^

 

投稿日:

スイスの最も美しいハイキングコース15選+現地在住が教えるコースの調べ方【スイス中級ハイキング】

私は個人的には、観光客があまりいない地元スイス人が行く谷でハイキングしたり、カテゴライズとしてはマイナーな『クリスタル探し』『鉱物採集』を行っています。完全に観光向きじゃない。。

でも、スイスを訪れる日本の方には、グリンデルワルトやツェルマットを案内すべきでしょうし、一番気になるのは、その人がスイスで気持ち良い体験を持つ事です。『ハイキングって気持ちいい』という感想で十分なのですが、実際にスイスのハイキングコースを歩いていると、色々なコースがあって、そこで私は思うのです:

「スイスに次に来た時は、違う山に登りたい」とか、「自分で中級のコースに行ってみたい」と自信が出てくるのが、良さそうだと思います。何かしらの経験を手に入れる感覚でしょうか。

では、初心者向けのコースではなく、中級コースとはそもそも何でしょう?

スイスの最も美しいハイキングコース15選

スイスのサイト。トップで紹介されているのはFirstです。バッハアルプゼーは有名ですよね。

でも大抵クローズアップされるハイキングコースは4時間~7時間(笑)。案内する私からすると、長すぎてリスク分散ができませんw せいぜい私が案内したいのは30分~2時間の範囲です。

最初から4時間のコースを歩くような日本人観光客は、スイスに登山をしに来ている方です。でも私がご案内する方は実にさまざま。30分で終了する方のほうが私は普通だと思うんです。日頃、山歩きはしないんだけど、「スイスに来たからには少ーし歩いちゃうぞ」で十分だと思います。でも「スイスのハイキングって何だ?」という事が分かると、次の旅行では「自分でプランを立ててあの峠を越えたい」というように積極的な楽しみに変わる場合もあると思います。その時に調べ方は色々あると思いますが、以下のスイスのサイトもあります:

Bergwanderungが「山歩き」です。中級と訳すのはどうかと思いますが、それでもコースの難易度はWanderungよりも高いと思います。ゲンミパス(ゲンミ峠)ですが、4時間となってますね。

でも実際はガイドブックを見たほうが速いし、ググればそういう記事も出てくるだろうと思います。

日本のツアー・団体旅行のハイキングは悪いものじゃない

個人旅行のブログなどを読むと、ツェルマットのゴルナーグラード~リッフェルベルクまでの短いハイキングコースなどで、「日本人の団体が・・」「嵐のように去って・・」とか書かれていますが、私は1~2時間のコースはやっぱり良いと思うんですよね、案内する側からすると。何かトラブルがあったり、観光プランニングの観点からすると、1イベントに4時間って長いんですよ。。だからこそ、ツアーに含まれているハイキングは体験であって、コテコテのハイキングではない、という意味で、それはそれで正解だと思います。例えばツアーそのものに一日フリーのハイキングを盛り込むと個人旅行と変わらないクオリティー(?時間的余裕?)を盛り込むこともできます。

4時間という時間そのものが貴重すぎる

ヨーロッパ旅行で4時間という時間がどういう価値を持つかが、問題です。時間そのものには本来的に価値がありませんが、旅行の道程での4時間はやはり充実すべきで大切です。ですので私は2時間のハイキング体験を重視したいですね。ま、4時間なんて疲れて寝ていればあっという間なのですが、人間の集中力の持続時間などを考えても、リフレッシュというものは必要で、あまり長いと退屈してしまいますから、楽しく、集中して、密度が高い経験を得るというのが良さそうです。

これには批判もあります。ヨーロッパの人は休暇を贅沢に過ごします。私もそういうのが良いと思っています。しかしメンタリティーに違いがあって、一概に決められる問題ではない、というのが私の見解です。例えば「旅行の設定」の問題があるでしょう。ツェルマットで1日の時間があるのと、1週間滞在するのと、半日滞在するのでは、そもそもの前提が全く違いますからね。それだけではないアスペクト(様相)もあります。この記事では、私が旅行を考える上での時間の区切りのリズムが1時間半から2時間という意味合いで、ハイキングコースもできれば2時間以上は避けたい、という話でした。この考え方はツマミ食いの考え方であって、和食の1品のようなものですね^^

自然の中でも安全に

自然の中では誰も助けてはくれません。間違えばケガをしたり、落下したり、スイスの山ではそういう可能性のある場面に出くわす事があります。というか日本でもそうですよね。

マッターホルンだけでなく、山という「存在」は魅力です。峠を越えたり、色々と行ってみたくなる気持ちは、誘惑、かもしれません。中級程度のコースも色々ありますが、くれぐれも無理のない判断をお願いいたします。

自然の中の判断は難しいです。雨でも山の上は晴れていたりするし、個人的にはもう止めるべき時もある。でも安全の確保はいつでもできるはずです。やはり無理というのは一番良くないかもしれませんね^^

 

投稿日:

ノイシュヴァンシュタイン城へ安くて快適に移動する方法

ドイツの観光地と言えば、「ノイシュヴァンシュタイン城」。
安くアクセスできる方法から、快適に弾丸ツアーで行く方法など、達人が色々ご紹介します。

【ケース1】フランクフルトからロマンティック街道を南下する方法

普通はロマンティック街道をローテンブルクなどを回って南下します。
ツアーに参加するか、電車で回るかのどちらかです。

今回はこの両方ではない選択肢をクローズアップ。

① フランクフルトから  英語の 弾丸ツアーに申し込む。299ユーロ(最低催行人数4人)これはあまり知られていない方法ですが、便利だと思います。

このツアーはドイツ人ドライバー付き添いで、ローテンブルクに30分寄ります。
9人乗りなので席が狭く、エコノミー症候群になりそうですよね。。

② フランクフルトから 日本語の 弾丸ツアーに申し込む。350ユーロ(最低催行人数2人)こちらは当方が行っている弾丸ツアーです。

当方のツアーはお好みの都市に1時間でも立ち寄る事が可能のセミオーダー形式です。
同じ車の大きさで7人乗りの広々スペース。テーブルなどでお菓子・ワイン・カフェなども。

実はフランクフルトからどうしてもノイシュヴァンシュタイン城に行きたい人、多いです。
でもこれを使うしかないんですよね。

【ミュンヘン経由の裏技 ←フランクフルトから】

羽田からミュンヘンには直行便が飛んでいるので、ミュンヘンからの日帰りツアーなどができます。低価格なのもメリットです。

でもフランクフルトから一人で弾丸旅行の場合、フランクフルトを早朝出発すれば、朝10時くらいにミュンヘンに到着します。そうすればFLIXBUSが11時頃出発しているので、それを利用して13:00過ぎにフュッセン近辺に到着できるので、日帰りでフランクフルトに帰れます

さらにミュンヘン経由の場合、もし時間があれば、『バイエルンチケット』(1人で23ユーロ 2人で28ユーロ)が圧倒的に安いです。ドイツでは「週末割チケット」など、色々な割引チケットがあるのですが、ノイシュヴァンシュタイン城へ特急を使わない『バイエルンチケット』は一番安い部類かと思います。

付け加えるなら、私がミュンヘンに宿泊する旅行者さんであれば、「ノイシュヴァンシュタイン城+リンダウ城」のセットツアーに参加すると思います。いくらバイエルンチケットが安くても時間がかかる旅よりも、普通は行くのに面倒なリンダウ城など、多くの箇所を見たいものです。

投稿日:

専用車でドイツ・スイス・イタリア・フランス周遊

今回は観光専用車のご紹介。

普通は9人乗りで座席が狭い。。私のは同じ大きさで人数が少ない『7人乗り』。広いです^^

この発想は、車内・移動中に、快適な旅をして頂こうと思ってのことで、VIP対応したいからです。

テーブルもありますので、お菓子やカフェ・ワインを頂きながら、次の観光地に向かうって、良くありませんか?

単に移動するだけでなく、移動中も楽しんだり、何かをすることで、旅行を面白く・優雅にしましょう^^