投稿日:

海外レンタカーとイタリアで「10分で事故った」話

前回の旅行業女性(添乗員)とのお話の続きです。

この方と海外レンタカーの話になりました。私はお客さんの話を幾つか聞いていると海外レンタカーはあまり利用しない方が良いように思います。理由はこうです:

① 市電が乗り入れている都市を疾走する勇気が本当にあるのか? ←私でも知らない都市は怖いですよ
② 日本と同じ感覚だと違反で捕まることを知らない ←私の周囲のゴールド免許だった日本人は全部OUT
③ レンタカーの違反だと英語以外の言語で違反切符が日本に届き、おそらくかなりストレスになる
④ レンタカーの違反だと日本から海外送金が必要で、レンタカー会社からもさらに手数料を取られる

脅しているわけではありません(笑) これは欧州各地をレンタカーで走っていた元米在住日本人(お客さん)のお話をベースにこういう考えになりました。レンタカーはどんどん借りればいいけど、リスクがあるよって話。ある程度はレンタカーも安いけど、追加で私自身の考えるレンタカーのデメリットは以下。こっちのほうが重要w

⑤ 現地での駐車場どうするの? ←コレ私でさえストレスなのに、イチイチ旅行でこんな事考えるの?
⑥ 路上パーキング精算機を本当に使いこなせるの? ←タイプが色々あり、一筋縄ではいかない。
⑦ ⑤や⑥の時間ロスは結構大きい ← 観光時間の減少。周遊車のほうが賢いのではないのか?
⑧ 周遊車の場合は降車&乗車が速く、降りて1分で写真が撮れる。←レンタカーだと危ないです。停車する?

私はレンタカーでの「気苦労・駐車場探し・借りる時の手間」という時間換算が、一番損失だと思っています。

今回のようにアルザスは1時間あれば1個村を見れます。駐車場とか本当にメンドクサイし、そんなことゴッソリ他人に任せても、レンタカー代に毛が生えたのだと思えば、苦労しないほうが賢いのでは?だってロコを借り切っても、レンタカー代の倍くらいにしかならないのでは?事故はロコの責任になればいいのだし、事故があった時イチイチ事故での修理見積りを外国語で監視したりするの?ありえないですよね。さらに事故の相手とコミュニケーションする時間も無駄。旅行と関係ない意味のわからないものを背負う必要ないんじゃないでしょうか?

イタリアではじめてレンタカー、「借りて10分で事故った」

で、今日の面白い話は、この方、イタリアではじめてレンタカー、「借りて10分で事故った」そうですw

スゲー。鮮やかな話しぶり。わかりやすい。しかも事故後に戻って、もう一回借り直して出発したらしいw
凄い精神力。この方はタフだからまだ良かったかも。しかし事故相手と言葉が通じず、また手間になることは参考になりました。イタリアのある風景をどうしても撮りたかったらしい。今じゃ、トラベロコがあるのでそっちに依頼すべきだと思いますね。なんせ楽なんで。

今回も私に依頼するかレンタカーか迷ったそうですが、ストラスブールを見て依頼して良かったと思われたそうです。というかストラスブールは私でも嫌い。トラムは走るし、交通規制箇所が多すぎw ダメダメな都市です。ミュールーズもそんな感じだし、コルマールも中心は一方通行も多く走りにくい。普通の旅行者がストラスブールからレンタカー借りるのは、、、地獄ではw せめてコルマールからかな。

レンタカーもロコに借りるのを任せるのもアリ。Fiat500とかは楽。

レンタカーは一人よりも二人いると片方がナビや写真役になれば良いのでは、と思いますけどね。一人で全部するのはちょっと危ないから、2人いればなんとか負担を分けられます。

私も大型から小型までレンタカーを借りることがありますが、私は小型のFiatの500をおススメしておきます。アレは観光に向いてる。高速道路もむしろ向いてる場合がある。観光なのでカブリオがオシャレで良いんじゃないかな。

あとレンタカーはナビ付きの車両を借りないと駄目。というか今ドキ全部付いているけどね。(当然理由もある)

さらにどこでどのように借りれば安いかというのも、ロコなら当然知っていると思いますが、フランス・ドイツ・スイス、さてどこが一番安いでしょうか?知っているロコの方が少ないと思いますねw 結局、人間なんてそんな程度。

先に借りといてもらって、返すのも任せちゃうのも良いかも。私もそういう例は今年だけでも2₋3回あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です