投稿日:

再びThann、通なゲーバーシュヴィア Gueberschwihrやフランスのストライキ

今週末もアルザスドライブなのですが、お客様からThannやGueberschwihrに行きたいという依頼を受け、ドライブがてら下見してきました。

タンはややこしい地形で前回工事中だったし、ゲーバーシュヴィルもよく通る事はあるのですが見所となると、レストランチェックも必要で、念のための準備です。

Thann タン

前回もそうで下見なので写真を撮りませんが、そもそもアルザスはまだ観光地として日本人には有名ではありませんから、折角ブログを公開しているので写真も少しは載せようと思います。


魔女の目と呼ばれる、エンゲルブール城の城跡です。丘の上にあるので先に街を一望するのも手です。デカいです。

Thannはドイツ語が判る方ならTannenbaum(もみの木)から来ていると言うと、アルザスはやはりドイツのDNAが入っている事をお感じになられるかと思います。ドイツ人の根本がここにあります。

この他にも色々ありますが、割愛しましょう♪

ただしタンにはまだ工事中の道があり、迂回できない部分がありました。これは観光にも関係があります。

Gueberschwihr ゲーバーシュヴィア

ここを知っているとは、通なお客様です。元々のリクエストはフランス在住日本人の方らしいです。

私もここはカワイイさを感じていたので、知っている事にまずは驚きました。フランス在住であれば知っていてもおかしくないでしょうけど、なかなか日本人は来(れ)ないと思いますね。

今回はレストランをチェックしに来たのですが、到着したのがまさかの14:00過ぎの到着で、主要3件廻ったのですが、全部断られました。というかこの街はレストランは要注意です。具体的には書きませんが、何か他の村とは違う感じを受けました。お腹が空いたのでコルマールへ。。。

でもゲバシュヴィルからの眺めは、途中のドライブ同様、ドイツの山々が見えて非常に気持ち良いです。

ただこれ以上気持ちの良く見える村はまだあるんですよね^^

フランスはスト中にも関わらず、すんなり通れました。でもこれはほとんどクジ運です。ハマるとヤバいです。私は周遊請けている以上、ストにハマることは致命的です。凄く恐ろしい。日本人観光客には関係ないのに、観光専用車に「日本人マーク」をマグネットで付けておこうかな^^;そんな甘チョロくない事は知っていますが。これは大問題なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です