投稿日:

Thannからワイン街道北上。オーケーニグスブール城 Haut-Koenigsbourg リボヴィレ Ribeauvilléまで

いつものドライブに出かけたところ、地元のガソリンスタンドで、バックパッカーに出会った。
頼まれると無下に断れない。南フランスに行くという。基本的にできるだけ人に良い事をしたい。
何分待ってるの?と聞くと「1時間半」という。じゃ、載せてってあげる、という事になった^^;

バックパッカーにより、ルートが変わってThannからワイン街道へ

彼らはマルセイユへ行くので、ミュールーズでお別れのはずだったが、途中で降ろす所がなく(!!) 高速の料金所の直前出口で降り、彼らを降ろして、一番近いThannから巡ることにした。

途中、デメターのワイナリーへ グランクリュ

良いワイナリーと出会いました。

あんまり愛想はないんだけれど、創業者のおじいさんが直接接客してくれて、試飲ながらお話を色々お聞きしました。なんと1969年からワイン造り、その前にはバイオダイナミック研修をされたようです。今から50年前の話。

ワイン、美味しいです。リースリング>リースリングGC(グランクリュ)、ピノグリ>ピノグリGC、と試飲が進んでいくので、わかりやすく、他にも色々頂きました。全部デメターなのが凄い。野菜作りとは違った印象を受けます。

野菜作りは「農民」のイメージで、何を作ろうが自由の所がありますが、ワインは「専門業者」の感があります。
ワインの一本勝負ですから当然ですね。ちょっと素敵です。

ワイン街道を北上

Isenheim、ゲブヴィル、Berheim、Orschwir、Soultzmatt、Westhalten、Rouffach、Pfaffenheim、など。

最終的にリボヴィルへ入る。タルトフランベなどを食べて、オーケーニグスブール城へ。

オーケーニグスブール城

車で来る以外に無いような^^;入場料は9€。オーディオガイドが4.5€。
それにしても英語やフランス語のガイドさんが目立つ。
周るのに1時間半位かかるが、ゆっくりな人は2時間かかる。それが問題なんです。

「観光地の価値」を見極めるのはなかなか難しい所ですが、アルザス的に言うと時間が余れば寄る所であり、2時間近くも必要とするのでマストとは言い難いです。もうちょっと何らかの要素があれば良い所にはなりそうですが。。

投稿日:

新酒が美味い!アルザスとドイツのワイン祭り、ブドウ収穫祭、秋祭りイベントの調べ方

ドイツ側も、アルザスも、夏から秋にかけて、ワインフェストが目白押し。(トップ画像はエギサイム)

本格的にぶどう収穫祭と新酒祭りが9月-10月に行われます。(実際に住んでいると分かりますが、畑をよーく見ていると、積んでいるのは8月頃が多いと思います。)例えば直近のものを見てみると:

エギスハイム 29-30/09/2018, saturday : 13:30 – 18:00, sunday : 11:00 – 18:00に第一週ワイン祭り
エギスハイム 06-07/10/2018, saturday : 13:30 – 18:00, sunday : 11:00 – 18:00に第二週ワイン祭り

Barrでは10月5・6・7日(Fri 8pm, Sat 8am, Sun 10.30am)にブドウ収穫祭。

Obermorschwihrでは06/10/2018, saturday : 18:30 – に夕食で、ワインの会。

Turckheimでは9月30日(Sun)11am-6pmにコンサートなど

イベントの調べ方

コルマールやフライブルクの大きなワイン祭りは毎年7-8月頃行われ、それは新酒を祝うためのものではありません。

秋の祭りはローカルな村単位で行われる小さなものばかり。各地で行われるため有名にはなりにくいです。

日本の観光客には調べにくい内容。でもちゃんと調べる方法があります。

https://www.tourisme-eguisheim-rouffach.com/En/To-Do/Events.html

ワインフェスト、ワインとコンサート、ワインの会(Soirée Vin Nouveau)、チーズとワインのマッチング、毎年のワイン女王の選出、フリーマーケットも同時開催などなど。

さっと見るだけでも面白そうな内容です。

 

今週はTurckheimを調査。新酒、美味い!

コルマールから10分。

Turkheimの旧市街はこの門から入る。一応車でも通り抜けられるけど、駐車場から歩くといい。

ここで前述のようにコンサート=民族音楽バンドと新酒の振る舞い(1杯2€)が行われた。他にも色々メニューあり、ポテトやタルトフランベTarte flambée(アルザス風ピザ)。

とにかく、新酒が美味い。まるで生ジュース。

ちなみにエギスハイムにチラっと寄ったけど、町の入り口に臨時駐車場ができていた。今回はレアなTurkheimの祭りを優先してみたのだった。Turkheimでもスイスやドイツナンバーは沢山いた。